クレジットカードの賢い選び方は、サービス内容を重視することです。 カード会社には契約者を増やすために、オリジナルのサービスがあります。 例えば、ガソリンスタンドでクレジットカード(Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、中国銀聯などがあります)の契約を行う場合、ガソリンを入れるたびにポイントが還元されるサービスがありますし、電化製品を買うとポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)が貯まるクレジットカード(一時期、使いすぎによる破産などが社会問題になったこともありました)も便利です。 よく買い物に行くのでしたら、そのお店でクレジットカードを作ると良いでしょう。 貯まったポイントを使って買い物もできるのです。 クレジットカードによってもポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)の還元率が違うため、よく見比べてください。 一店舗のお店のクレジットカードを持つよりは、ショッピングモールのクレジットカードを持つ方がお得です。 ショッピングモールに入っている店舗のほとんどで使えるため、ポイントが貯まりやすくなります。 他にも、航空会社のマイルが貯まるカードもありますから、マイルやポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)を上手に貯めると、現金で支払うよりもお得になるかもしれません。 ただし、安易にあちこちでクレジットカードを作らないようにしましょう。 あまり使わないカードを作ってしまうと、入会金などがムダになりかねませんし、ローンの申請が通らないこともあるようですー